ご依頼者様の声

アンケート結果

ご依頼ありがとうございました。


長期間に及ぶ調査となりましたが、全7回中に3回の不貞証拠と、3回の接触確認となりました。


証拠能力としては、十分です。


3回の不貞証拠は、ラブホテルです。
また、3回の接触確認とは、不貞行為には及ばなかったものの、車内で楽しげに会話をする様子や、別れ際にキスを交わす様子を撮影しています。


もう、言い逃れは出来ない内容ですね。


あとは、じっくりゆっくり考えながら、法的手段に動いてもらえます。


ですが、証拠取得後、直ぐに動く必要はありません。
タイミングは人それぞれありますし。


民事事件の証拠は、3年間有効期間があるので、弁護士さんなどと相談しながら、適切なタイミングを見計らって下さい。


今回の対象者、すごく強気だったそうです。


依頼人の奥様に対して、「俺に女なんかいない!」「お前の妄想だ!」「証拠でもあるのか!」「証拠を出してみろ!」と一切認めなかったそうです。


強気な態度で全否定するも、その裏ではしっかり不倫している。
そんな対象者、実は多いです。


そして、そのような対象者ほど、我々にしてみれば、言い方が悪いですが、【楽な対象者】になる事が多いです。


自分の行動に自信があり、絶対にバレないと思っている人間は、不倫デートの行動が1パターン化します。


絶対にバレない待ち合わせ場所。
絶対にバレない移動ルート。
絶対にバレないラブホテル。


全てに自信があるが故に、お決まりのルートを辿ります。


ですが、それが大きな間違い。
絶対にバレないと思っているのは自分だけで、我々プロには通用しません。


なので、一度調査をして証拠を取って仕舞えば、あとは同じ事の繰り返し。


いつもの待ち合わせ場所で合流。
いつものルートで移動。
いつものラブホテルで過ごす。


楽な仕事になります。


配偶者が強気で不倫を全否定している方、我々にお任せ下さい。
勝てる証拠を提供します。


いつも多くのご依頼ありがとうございます。

お気軽にご相談ください!

  • 秘密厳守
  • 相談無料
  • 24時間365日
    受付中

その他の疑問や、ご相談に関しましては、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム